千葉の特色と電気の利用

千葉の電力事情とは

千葉県の電力消費量は全国で7位となっています。人口が全国6位という多さになるのでそれに比例して電気の使用量が多くなるのは当然のことかもしれません。ただ、その電力消費量の内訳をみてみると、千葉県ならではの特色がみえてきます。いったいどのようなことでしょうか。千葉県にはレジャー、娯楽施設が多く存在し、石油化学や製薬、食品など多くの生産工場があり重化学工業が盛んです。その為に産業用の電力消費量が家庭用を大きく上回っているのです。実際に各家庭で消費されている電力というのは全国でも41位となっていてかなり少ないのです。人口は多い地域なのに対し電力の消費量が少ないということで、千葉ではかなり省エネが浸透しているということが分かります。
千葉県は急速に発展してきた地域なので新しい住宅も多く、その分各家庭において先進的な省エネ対策を早くから取り入れていた結果なのかもしれません。かえって昔ながらの住宅や生活スタイルやの方が電力消費量は多くなってしまうのなのです。千葉では再生可能エネルギーの買取りを強化したりと環境に配慮した動きが更に活発になっています。全都道府県にこのような動きが広まれば、電力の消費量をぐっと抑えることなるはずです。

千葉の電気はどこから来るのか?

私たちが普段から使っているスマーフォンにパソコン、もっと言うと部屋の照明からテレビ、冷蔵庫、エアコンに至るまで、その全ては電気で動いていますよね。生活に必須と言われているライフラインは水道とガス、そして電気です。日本ではほぼどこでも電気が通っていますが、千葉県の電気はどこから来ているのでしょうか?電気は電力会社が供給し、それを送電線を使って供給しています。千葉県全域に電力を供給するような最も大きい電力会社は言わずと知れた東京にある電力会社です。供給エリアは千葉や東京、埼玉だけでなく、栃木や群馬、茨城などの関東北部や静岡、山梨などの関東西部に至るまでをカバーしており、関東全域(1都7県)が東京電力の供給エリアとなっていると言っても過言ではないでしょう。
ちなみに糸魚川と富士川を結ぶ線を境にして西部の方は別の電力会社が管轄となっているようですね。しかし、昨今では2016年に行われた電力自由化により、様々な企業が電力市場に参入しました。そのため今では千葉県内でもいろんな企業から電力を供給してもらっている家庭も少なくないようですね。今使用している電力会社も良いですが、他の電力会社の方がお得になる可能性もあるため、少しでも安く使いたいならば乗り換えを考えてみてはいかがですか?

京葉ガスはお客様に安心感をお約束致します。一目でわかる料金案内やお客様サポートで安心と安全を ガスだけでなく電気も!電気料金がネットでわかる!!京葉ガスのでんき 我が家に合ったお得な料金メニュー知りたい!そんなお客様に、最適なガス料金メニューで簡単に検索頂けます! ほっと、人、あんしん。あなたのお宅に安心安全にガスを提供します。  千葉の電気事業者ならこちらがおすすめです

メニュー

2017/08/28
あなたにおすすめの電力会社と電気プランを更新しました。
2017/08/28
プランの見直しと企業の取り組みを更新しました。
2017/08/28
電気料金のプランも重要を更新しました。
2017/08/28
家庭でできる電気の節約を更新しました。